コロナウィルスのせい

コロナウィルスのせいで現在の日本は今までに経験したことがない直面にあると思います。
会社が強制的に休ませるのに賃金が出ない時給労働者や派遣社員はとても困る状況にあります。
派遣社員の人いわく社員はテレワークが推奨されているのに、派遣会社の人はテレワークはナシで自社出勤を命じられる。
でもこれは仕方がないでしょう。
やっぱり社員と派遣社員は違うから。
主張としては賃金の違いはいいが、健康面での格差は酷いと。
そう言われてみれば確かにそうですね。
でも会社からしたら守るべきは社員になってしまう面もあるでしょう。
派遣社員の人がいるから助かっている面が多々あるのに不測の事態になると切り捨てられてしまうのが現状です。

ザンバラなヘアスタイル

髪の毛がとても痛んでいてパサパサしています。
枝毛を切っているときって、けっこう楽しいのですがついつい時間がたってしまうことがあります。
無駄な時間ではあるんですよね。
そのときに考えていることもたいしたことではないし愚痴とか不満が渦巻いたりして。
で。いつも思うのがドラえもんのひみつ道具です。
痛んでいる毛先だけ5センチほどカットしてくれないかなって。
綺麗な髪の毛はスルーして枝毛だけ、スパッと一瞬で切ってくれるようなひみつ道具があったら欲しいです。
まあ、そうなったらどんな髪型になっちゃうのかちょっと怖いというのもありますけどね。
半分以上が枝毛だったらザンバラなヘアスタイルになりそうだけど、切って欲しいんです!

ずぼらではすまない

外国人の住人が知らない内に滞納していて差し押さえられていたというニュース。
せめて英語で書いていてくれればって言葉はおかしいと思います。
日本に住むのなら日本の役所からきた書類を理解する必要があるからです。
分からないのであれば、わかる人に相談するとかスマホだってあるんだろうから調べればいいだけのことです。
相手の配慮が足りないみたいな言い方はおかしいですよ。
急にお給料が減っていてあわてて調べたら差し押さえられていたなんて、本人が悪い以外はないです。
まあ、日本人だって面倒で読まない人は多数いるでしょう。
その人達だって同じように滞納金が発生したら支払うわけですから、ずぼらな人というのはたくさんいて人種はあまり関係がないのかもしれませんね。

命をいただいて生きている

命をいただいて生きている。
そういう気持ちで食す必要があると思います。
だから捨てるよりも出来るだけ食べた方が良い。
ここも食べられるし、意外と栄養があるという話しはよく聞きます。
知らなかったことを知るのは良いことですよね。
アボカドの種の部分、あそこも食べることが出来るとネット記事にあって驚きました。
一体どうやって食べるのかというと、アボカドの種をローストする必要があります。
オーブンで数時間ローストし、水分を抜き取ります。
ローストした種を小さく切り分け、ブレンダーで撹拌するとスムージーにしたり、いろいろなものにかけて食べることが出来るんだとか。
めちゃくちゃめんどくさい!!
ローストしても小さく切り分けるのも大変だしとにかく大変で無理だなと思っちゃいました。

あと6年でガラケーが終了

あと6年でガラケーが終了なんて酷いです。
スマホに買えたら月々の料金が今より上がるので替えたくないのに。
でもよくよく考えたら6年って思ったよりも長いかもしれませんね。
ということは今のうちに新しいガラケーにしておくべきでしょうか。(笑)
だって今のは5年くらい使ってますからね。
だいたい8年くらいは使うけどこれから3年使ってあと3年で終了なのに新しいのを買うのはどうかと思うし。
そもそもギリギリまで私はガラケーを使うのか?
今と違った生活環境になったら替えても良いかなと思うようになってきました。
ガラケーうんぬんよりも6年後の自分はどうなっているかなんて考えたくもない。
来年のことすら嫌できてほしくないけど時間はとまりません。

クレーンゲームの中身

車の大行列がおこるくらい人気のクレーンゲームのお店、なんと世界最多のクレーンゲームがあるのが埼玉県の八潮にあるそうです。
野菜キャッチャー、カレールーなどなど。
クレーンゲームの中身はリサイクル品ですって。
宝石キャッチャーまであって年間で3000万円も儲かる。
宝石リサイクル業界の理由があり赤字にならない。
実際ほとんどの石はリサイクルショップでは値段がつかなくて石は0円で金の価値だけで買い取る。
宝石だけをリサイクルショップから買い取る。
リサイクルショップで、石の価値が分からない人が買い取っているからなんて詐欺みたいなもんですね。
見分けられない人がみているなんて信じられないです。
クレーンゲームのものは800円以下という決まりがあるってはじめて知りました。

[ゆりかごに聞く]

[ゆりかごに聞く]を読みました。
読んだことのない作家さんの作品です。
子供を愛せない人達、というのが中心かな。
女性はとくに、子供への愛情がないような事は言えませんよね。
愛するのが当たり前なのに、愛することが出来ないのも苦悩でしょう。
暴力を振るわないため、守るために娘を閉じ込めた宝子ですが、それも立派な暴力です。
浮気相手の子供かもしれない子供と妻を許せない、刑事の黄川田。
昔付き合っていたこの二人がいつ一緒になって、「謎」を追うのかと思ったら一向に一緒になりません。
最後までならなかったのでそこが斬新だけど残念でもありました。
愛せない子供と、自分の産んだわけではない子供をはさんでこの二人は良い家族になるのかもしれませんが先のことはわかりませんね。

2100年の天気予報

2100年の天気予報、という動画を作った人がいて話題になっていました。
沖縄以外は40度超えとか恐ろしい数値です。
動画を見た人が温暖化を実感するようにってことですけど、それは本当に本心なんですかね。
あのさ、そんなに遠い未来の動画を作ったって見て温暖化を考えるような年齢の人は亡くなっていますよね。
現実味が薄すぎて意味ないと思いますよ。
せめて10年とか20年くらい先じゃないと、危機感なんて起こりませんよ。
孫がいる人が孫の心配をするにしても生きているかどうかもわかりませんしね。
せっかく作ったんだから、もうちょっと有意義なものにすれば良かったのに。
そのくらい先じゃないと目に見えてヤバい状況じゃないということですかね。

ネックレスのトップだけ紛失

いい歳をしていますが、高価な装飾品は持っていません。
でも安くても気に入っているものを少しだけ、持っています。
先日、帰宅途中で立ち寄ったスーパーで食材を仕舞っていたらネックレスのトップだけ紛失していることに気が付きました。
チェーンしかしていなかったんですよ。
トップが後ろにまわっちゃったのかと思ったら、やっぱりありません。
ショックをうけつつ、原付バイクを運転するのは辛かったです。
気に入っていたし、もう売っていないので泣きたくなりました。
帰宅してから何気なく、八つ当たりも含めてバッグをひっくり返してふってみたら出てきました。
そういえば、下に置いたバッグをのぞき込むようにしたことがありました。
そのタイミングで落ちたのならすごい奇跡です。

スターマークとロゴあり

「ブランド」というものは本当に恐ろしいなと思ったことがひとつあります。
スニーカーのコンバースは、そのロゴですぐに安いものではないってわかります。
似たものはいっぱいありますけどね。(笑)
で、トートバッグを売っているのを見たんですよ。
スターマークとロゴありです。
ただの帆布のキャンパス地のありがちな、トートバッグなのに5000円以上していました。
可愛いとか見た目が良いのならともかく、本当に普通のものでしたよ。
これでこの値段というのはやっぱりブランド力なんだろうなって思ったんです。
このブランドが好きな人にとっては高くはないのかな。
スニーカーくらいの値段じゃないですか。(笑)
私だったらスニーカーの方が欲しいですね。