孤独死のニュース

孤独死のニュースが珍しくなくなってきた昨今。 死後4日以上経過して発見された65歳以上の高齢者は年間で1万5000人なんですって。 その多さにはためいきが出てきます。 孤独に亡くなっていく人は多い。 自分もそうならないとは言えませんよ…。 そんな中、自殺と他殺以外の死亡で家の中が汚れるなどがあった場合に備える保険ができました。 目からうろこですけど、確かに今の世の中には必要なものです。 部屋の中をかたづけてくれるわけですね。 その保険に入っていればアパートやマンションで入居を嫌がられることも少なくなる、またはなくなる可能性が高いです。 しかし、部屋をかたづける人っておそらくバイトとかを雇うんですよね。 時給が高くても私は怖くてそんな仕事はできそうにないです。 どんな仕事でも引き受けてくれる人がいるから社会が成り立つんだなとちょっと横にずれたことも思いました。