糖尿病のセルフチェック

40代以上は必見!の糖尿病のセルフチェック
・年齢が40歳以上である。
・検診でメタボだといわれたことがある。
・20歳のときから10キロ以上太ってしまった。
二つ以上ひっかかる人はかくれ糖尿病だといえるでしょう。
一番最初に40歳とあるのは歳なんだから40歳以上の人には誰でもあてはまってしまいますね。
40歳を超えるとすい臓の機能が老化するとされています。
もちろん他の内臓も歳とともに老化します。
メタボ、血圧、中性脂肪が高いとインスリンの働きが悪くなるのでなりやすいのです。
二十歳のときの体重が重要なんですって。
基本的には二十歳の体重にあったくらいしか体は成長しないので、二十歳の分より太ったらすい臓に負担をかけているということになります。

薬剤師とサプリメントアドバイザー

薬剤師とサプリメントアドバイザーは、何が、どう異なるのか?

そもそも薬とサプリメント、両方とも口に入れる、という面では共通します。
では、その働きは?と言えば、薬は、やはり、病気を治療するために服用するものですが、サプリメントは、栄養分を補うものですから、この部分が、まず薬&サプリメントでは異なります。

ですが、医薬品におけるビタミン剤とビタミン等は、どう異なるのか?という疑問が残ります。
こうなると、飲む側である、消費者は、混乱し、迷う事となりますが、こうした場合に薬剤師が適切な回答をしてくれる事により、買う側、飲む側は安心してどちらを選ぶべきか考えられるわけです。
もし、この場合、薬剤師が存在しなければ、大概、高い方が効くのだろう?安い方がお得、等という考えで、適切でない薬を買う事も多々ありえるのです。

ただ、薬剤師は、薬学における専門家では、あるものの、実際サプリメントの事をすべて知り得ているか?といえば、そんな事はないのです。
こうした場合に頼りになるのが、サプリメントアドバイザーで、サプリメントの専門家というべき存在の方もおり、こうした方が薬局やドラッグストアに存在してくれることにより、大いに助かるという事なのです。

そもそも薬剤師は、薬剤師であり、薬のプロである事は確かですが、薬のおける知識は専門家であってもサプリメントの事をすべて認識してはいない、その代わり、消費者が必要とするサプリメント等には、そのサプリメントの専門家が存在しているため、こうした専門家に、サプリメントを必要な場合は、選択を促していただき、アドバイスいただく事で消費者も間違ったサプリメントを飲まずに済むという事なのです。

既に厚生労働省では、数年前に保険機能食品に関わるアドバイザースタッフの養成等におけるガイドラインを発表しており、昨今、色々な保健機能食品が流通している中で、消費者が、正しい食品を安全に適切に摂取できるように、そうしたサプリメントのような食品のおける成分もしくは、活用法等を理解している存在が必要になっているのです。

そもそもサプリメント等は、単なる栄養補給というような受け取り方をしている方も非常に多く、飲み合わせなど考えて飲む方は少ない。
ですが、実際は、このサプリメントも飲み合わせには、注意しなければいけない部分があり、例えば決選防止薬のワルファリン等と、イチョウ葉エキス等を一緒に飲んでしまった場合、考えられる危険性には、出血などが考えられるため、非常に危険です。

こうした危険をおかさない、誤ったサプリメントを選ばないというためにも、このサプリメントアドバイザーは、薬剤師同様に重要な存在と言えるのです。
つまり、このアドバイザーの資格を持つ、薬剤師の存在が今後どんどん必要となり、その需要が高まる事は言うまでもないと、いうことなのです。