関節リュウマチ

関節リュウマチは関節に起こり、骨が破壊されてしまうという恐ろしい病です。
破壊後に骨がくっついてしまって曲がったままになってしまいます。
女性は出産が関節リュウマチのきっかけになることがあります。
赤ちゃんを抱っこして痛くなるのは腱鞘炎とは限らない。
出産してから一か月後から二か月後に発症する。
痛みどめを飲むと母乳で育てられないのが母としては悩み事でしょうね。
女性が8割、男性が2割で何故かは不明。
妊娠中は両親の遺伝子がいきます。
母親にとっては自分とは違う遺伝子がお腹の中にいるので免疫力は下がる。
腫れた関節に痛みがあり三か月以上痛い。
三か所以上の関節が痛い人は関節リュウマチを疑って診察と検査をうけるべきです。