オス同士で赤ちゃんをあやす

バーバリーマカクというモロッコのサルの特集を見ました。
自分の血が繋がっていない赤ちゃんをあやすオスなんて珍しいですよね。
赤ちゃんは信頼できるオスにしか母親はあずけません。
あやすのが下手なオスは、他のオスのところに行ってあやす。
そのオスも一緒にあやす。
オス同士で赤ちゃんをあやすって微笑ましい光景です。
信頼できるオスになれば繁殖のときにも有利というのもあるそうなので打算的な考えもあるかもしれません。
ペットや見世物として密漁に連れ去られる赤ちゃんがいます。
赤ちゃんたちを保護して野生に戻す。
普通は群れに入れずに攻撃されることもあるから野生に戻すのは難しい。
でもこのバーバリーマカクは、子供を世話したいオスがいて見事に合流できていました。