対処療法しかない

インフルエンザになって数日寝込んだあとにやってきたことがある、という例をひとつ。
咳や熱はなくなったが、疲れだけが残ったので最初は内科を受診。
息切れが酷いので肺のレントゲンも異常なし、脳神経外科も。
病院を何か所行っても理由が分からず痛み止めを飲むだけ、人からは疲れているだけに見えて仕事を辞めた方がいます。
発症から半年でやっと慢性疲労症候群と発覚。
それまで元気だったのが突然動けなくなるなんて怖いですよね。
微熱、関節痛、筋肉痛、睡眠障害などが半年以上続く。
日本30万人もいて日常生活に支障をきたす。
血液検査など客観的な診断がないし、特定の原因が今はみつかっていない。
仕事で環境が変わる、出産後などで感染症をきっかけに発症することも。
特効薬がないので対処療法しかないので認知度が上がることを願います。